ようこそ「福祉住環境コーディネーター試験ガイド★講座 対策 受験 求人 仕事 問題集 合格 資格 通信教育 学校」へいらっしゃいました!このサイトは、福祉住環境コーディネーター試験が今とっても気になっているとか、福祉住環境コーディネーター試験を受験したい!または福祉住環境コーディネーター試験に合格したい!福祉住環境コーディネーター試験のテキスト問題集過去問求人とか仕事などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板勉強法を検索したり、大変便利になりました。もちろん、福祉住環境コーディネーター試験の最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★福祉住環境コーディネーター 検索はこちら!★
Top福祉住環境コーディネーター試験 紹介 >福祉住環境コーディネーター試験について

福祉住環境コーディネーター試験について

福祉住環境コーディネーター試験資格、福祉住環境コーディネーター試験の講座、福祉住環境コーディネーター試験の講習など福祉住環境コーディネーター試験情報をお探しの方へ。まずはじめに福祉住環境コーディネーター試験の概要をご紹介します。(検定試験公式サイトより)

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。

急速な高齢化が進む現在の日本で、需要が拡大しています。
適切な住宅改修を提案できるコーディネーターが今必要とされています。

格級の基準
3級
福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識についての理解度を確認いたします。
超高齢社会が到来する中で、生活者として知っておくべき福祉一般の基本的知識を理解している。
子供から高齢者にわたる全世代を対象に、生活者の視点から、地域コミュニティ・まちづくりを含んだ「福祉住環境整備の基礎知識」を理解している。

2級
3級レベルの知識に加え、福祉と住環境等の知識を実務に活かすために、幅広く確実な知識を身につけます。また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力を求めます。

介護、医療、福祉、建築、福祉用具に関する、専門の知識を身につけ、それらを適用できるまで深く理解している。
福祉住環境に関する様々な問題点を抽出でき、クライアントのニーズ、経済的状況、福祉制度、建築による対応、福祉用具による対応等を総合的に勘案し、各専門職と連携し最適な解決策を提案できるだけの知識・技能を有している。

1級
3級・2級で得た知識をもとに、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができる能力を求めます。

個々の住まいにとどまらず、買い物や散歩などに出かける日常生活圏全般に、また住宅として位置付けるべき社会福祉施設(ケアハウスやグループホームなどの住関連施設)までも視野に入れた住環境整備に係わる知識・技能を有している。

地域社会におけるコーディネーターとしての能力、さらに福祉のまちづくりなどにも積極的に助言できるような技量と調整力を有している。


出題範囲と合格基準
3級
3級公式テキスト(新版)の本編(第1章〜第5章まで)の知識と、それを理解した上での応用力を問います。
マークシート方式
制限時間は2時間
100点満点とし、70点以上をもって合格とします。

出題範囲

少子高齢社会と共生社会への道
福祉住環境整備の重要性・必要性
在宅生活の維持とケアサービス
健康と自立
障害者が生活の不自由を克服する道
バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
生活を支えるさまざまな用具
安全・快適な住まいの整備
ライフスタイルの多様化と住まい
安心できる住生活支援
安心して暮らせるまちづくり


2級
2級公式テキスト(新版)の本編(第1章〜第6章まで)の知識と、それを理解した上での応用力を問います。
マークシート方式
制限時間は2時間
100点満点とし、70点以上をもって合格とします

出題範囲
高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
福祉住環境コーディネーターの役割と機能
障害のとらえ方
リハビリテーションと自立支援
高齢者・障害者の心身の特性
在宅介護での自立支援のあり方
高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
障害別にみた福祉住環境整備
福祉住環境整備とケアマネジメント
福祉住環境整備の進め方
福祉住環境整備関連職への理解と連携
相談援助の実践的な進め方
福祉住環境整備の共通基本技術
生活行為別福祉住環境整備の手法
建築図面の読み方と建築関係法規の基礎
福祉用具の意味と適用
生活行為別にみた福祉用具の活用

1級
現行の公式テキストに準拠いたしますが、法令制度についましては、2007年度4月1日時点の状況の理解を前提として出題されます。

1次試験
1級公式テキストに該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。

マークシート方式
制限時間は2時間
100点満点とし、70点以上をもって合格とします
2級に合格されていることが条件です

2次試験
実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力を問います。

1次試験合格者に対し実施します
論述および記述式試験(前半・後半)
前半・後半それぞれの得点が50%以上で、かつ合計が70%以上をもって合格とします

出題範囲

福祉住環境整備の必要性と福祉住環境コーディネーター1級の役割
高齢者福祉の条件と高齢者ケア
障害者福祉の条件と障害者ケア
高齢者や障害者向け住宅と要介護者向け施設整備
福祉コミュニティづくり
福祉のまちづくり
建築図面と伝達手段
高齢者や障害者にやさしい新築住宅の基本計画と技術
住環境整備の実践と事例


posted by 福祉住環境コーディネーター試験 at 15:20 | 福祉住環境コーディネーター試験 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。